薬剤師の様々なタイプの就職口を求人情報から知った

薬剤師の様々なタイプの就職口を求人情報から知った

調剤薬局、病院、ドラッグストアなど薬剤師にも色々なタイプの就職口がある。
求人情報などを見てふとそんなことに気が付いた。
それぞれどんなところなのだろうか。
病院は改めて説明するまでもないだろう、病院の中に薬局がありそこに勤務するということだ。
調剤薬局は病院とは独立したところにあり、自前で薬局を持てない小さな診療所やクリニックがそちらで薬をいただいてくださいというタイプのところである。
そしてドラッグストアは一部のコーナーに薬局があり、そこでの勤務になる。
一般の商品とは違い薬剤師の免許を持っている人しか取り扱うことができない薬もあるから、就職口のひとつとして存在しているのだ。
わたしもときどき風邪などで病院に行き、そのついでに薬局に寄るのだが、いつも静かでピリッとした空気が漂っている。
おとなしい人ばかりなのかなと勘違いしてしまうほどだ。
間違った薬を患者さんに渡してしまったら一大事なので、少し緊張感のある状態で働いているのだろう。
求人情報をもとに色々なタイプの薬剤師の就職口を調べてみたが、みなさんもぜひ自分にぴったりの就職先を見つけていただきたい。

If you enjoyed this post, make sure you
Subscribe to my RSS feed!

Comments are closed.